Thank you for coming !

あゆん

Author:あゆん

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
最新のコメント
カテゴリ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまようボトル

Sat.30.01.2010 2 comments
20100118-22_20A.jpg


引き続き学研の二眼レフネタで失礼します(笑)。

このカメラはすべての操作を手動で行なうので、ホルガなどと同様に
巻き上げレバーを回さないかぎり、何度でも同じコマでシャッターを
切ることができます(多重露光)。そこで雑誌のお手本を参考に、
被写体を適当に動かしながらシャッターを3回カチャリとしてみたら
こんなヘンテコな写真ができあがってきました。
(カメラは三脚で固定しています)

部屋の中がかなり明るかったので露光回数は3回でいいかなと思った
のですが、やはり重なった部分のおもしろさが味なので、もっとたくさん
シャッターを切ったほうがよかったなぁとちょっと反省。

とはいえ、今までの私にとっては
「多重露光=フィルムの巻き忘れ=失敗写真」だったので、
(ホル子ちゃんで何度痛い目を見たことか…)
今回の経験はとても新鮮で好奇心を刺激されるものでした。
これからは怖がらずに果敢に挑戦して、もっともっと不思議で
おもしろい写真を撮ってみたいと思います。



サブカテゴリ:Kodak SUPERGOLD400 ましかく写真

« さむいさむい。 - Home - 冬のお散歩 »

- comments
2 comments
すみません。再びささります(笑)。
こんな不思議な写真も撮れちゃうんですね!!
おもしろーい。

フイルムでしかも自分で巻き上げるカメラじゃないとこんなこと
できないですよね。
うーむ。欲しくなってきた(笑)。
でもね、あゆんさん・・ワタクシ、本当に不器用なんですよ。
細かい組み立てとかありましたか??
*のんきさん

ありがとうございます♪ こんな怪しいカメラの話題にがっつり食いついて
くださって、ものすごーーーくうれしいです!!! さすが、のんきさん!(爆)

でものんきさんに不器用といわれても、どうしてもピンとこないなぁ~。
(ときどき私と同じ粗忽者のニオイを感じることもありますけども・笑)
だってカップの取っ手付けとかポットの組み立てのほうが圧倒的に難易度高いですもん。
ふろくカメラはそれぞれのパーツをネジで止める(もしくははめ込む)だけなので、
順番どおりに組み立てていけば絶対に大丈夫だと思いますよ。
(ドライバーも付属しているので自分で用意するのはセロハンテープくらいです)

シャッターまわりだけは部品の組み合わせ方がちょっと複雑なので、公式HPの
ムービーを参考にする方も多いようです。よかったらのぞいてみてくださいね。
*シャッター部分の組み立て方
http://otonanokagaku.net/magazine/vol25/mov_make.html


あと必要なのは、あまい写りのカメラとゆるゆるつきあうアバウトな性格と
写真屋さんにイヤな顔をされてもけっして折れない丈夫な心でしょうか(笑)。
(フィルムが手動送りでコマの感覚が不規則になってしまうので、お店に
よっては「面倒くさいなぁ」的な対応をするところがあるかも…です)

正直、使用面ではとても不便なカメラなのであまり強くオススメはできない
のですが「自分で組み立てたカメラ」で写真を撮るのはかなり楽しいです。
もし機会がありましたらぜひ挑戦してみてくださいね~♪^^
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。